グランシップ 登録アーティスト


グランシップでは、2014年度より「グランシップ アウトリーチ登録アーティスト」制度 を開始し、静岡県ゆかりの音楽家による音楽アウトリーチに取り組んできました。
2022年度より制度をリニューアルし、「グランシップ登録アーティスト」として新たなスタートを切ります。
オーディションで選考されたアーティストは、半年間に渡る研修プログラムを受け、県内小学校、特別支援学校等でのアウトリーチプログラムやグランシップ主催公演に関連したコンサートに取り組みます。

登録アーティストによるアウトリーチプログラムについて

  • 1回45分、1クラス単位を基本とし、参加者全員が間近に生演奏を体感できるようにします。
  • 学校との事前打合せになるべく出演者が同行し、その学校オリジナルのプログラムの作成に努めています。

登録アーティスト プロフィール

第1期(2022-2024年度登録)グランシップ登録アーティスト

グランシップ アウトリーチ登録アーティスト

2014年度から2021年度まで4期10組21名の静岡県内ゆかりの音楽家が登録し、学校へのアウトリーチ『グランシップ 子どもアート体験!学校プログラム』を中心にグランシップ内外で活動してきました。この制度は、2022年度より「グランシップ登録アーティスト」としてさらに子どもたちが音楽に親しむ環境づくりを強化していきます。

ページの先頭へ