来場者の方 > イベントカレンダー > 村治佳織ギターリサイタル ラプソディー・ジャパン

イベント

村治佳織ギターリサイタル ラプソディー・ジャパン

国内外で高い評価を受けるギタリスト・村治佳織がグランシップに登場。東日本大震災の記憶を胸に制作したアルバム「ラプソディー・ジャパン」より、懐かしい日本の歌からクラシックの名曲まで幅広いラインナップでお届けします。ゲストは弟の村治奏一。復帰後、より一層輝きを増す村治佳織が生み出す新しい音楽の世界をお楽しみください。

【出演】
村治佳織(ギター)
ゲスト:村治奏一(ギター)

【曲目】
ラプソディー・ジャパン
花は咲く
コユンババ
カヴァティーナ
イエスタデイ
ニュー・シネマ・パラダイス 他
※曲目は変更となる場合がございます。

日時 2018年1月19日(金)19:00開演(18:30開場)
会場 中ホール・大地
料金 全席指定/一般3,600円、こども・学生1,000円
※こども・学生は28歳以下の学生。未就学児入場不可。
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
オンラインチケット販売
発売日 友の会先行販売:2017年10月22日(日)~28日(土)
一般発売:10月29日(日)~
主催 公益財団法人静岡県文化財団・静岡県
お問い合せ グランシップチケットセンター TEL054-289-9000
村治佳織
閉会ボタン

幼少の頃より数々のコンクールで優勝を果たし、15歳でCDデビューを飾る。1995年には、イタリア国立放送交響楽団との共演がヨーロッパ全土に放送され、好評を受けた。フランス留学から帰国後、積極的なソロ活動を展開。ビクターエンタテインメントからのCDリリースは「カヴァティーナ」など9タイトル及びDVD「コントラステス」をリリース。その後N響ほか国内主要オーケストラ及び欧州のオーケストラとの共演も多数重ねる。アジア圏でも東南アジア・中国など活動範囲を広げており、韓国では2000年芸術の殿堂で初の公演を行って以降、多数公演を重ねている。2003年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人としては初の長期専属契約を結ぶ。移籍第1弾アルバム「トランスフォーメーション」は第19回日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー<洋楽>を受賞。これまでにDECCAよりCD12枚、DVD2枚をリリース。また受賞歴も多く、第5回出光音楽賞、村松賞、第9回ホテルオークラ音楽賞を受賞。演奏だけでなく、ラジオのナビゲーターやテレビへの出演、雑誌にエッセイを書くなど幅広い活動をしている。2016年10月にはオリジナル・アルバム「ラプソディー・ジャパン」をリリース。2017年4月よりJ-WAVE「RINREI CLASSY LIVING」のナビゲーターを務める。11月には、ベストドレッサー賞(学術・文化部門)を受賞。

 ◆村治佳織OFFICIAL HP http://www.officemuraji.com

村治奏一
閉会ボタン

1997年クラシカル・ギター・コンクール、1998年スペイン・ギター音楽コンクール、第41回東京国際ギター・コンクールに続けて優勝。1999年より米国の総合芸術高校ウォールナット・ヒル・スクールに留学し、ギターをニューイングランド音楽院でデイヴィッド・ライズナー、エリオット・フィスクに師事。2003年同高校音楽科を首席で卒業し、同時期にビクター・エンタテインメントよりリリースしたデビューアルバム『シャコンヌ』がレコード芸術誌の特選盤に選ばれる。メディアへの登場も多く、NHK「スタジオパークからこんにちは」や「トップランナー」、「J-MELO」、テレビ朝日「題名のない音楽会」をはじめテレビ、ラジオに多数出演。2010年にはNHK-BS「街道てくてく旅~熊野古道をゆく~」のテーマ曲《コダマスケッチ》を作曲・演奏。2012年秋には「トヨタ・クラシックス・アジアツアー2012」のソリストとして抜擢され、ウィーン室内管弦楽団と共にアジア5カ国でのコンサートツアーを成功させた。2013年S&R財団ワシントン・アワードを受賞。2014年、初のコンチェルトアルバム『コラージュ・デ・アランフェス』(平成26年度文化庁芸術祭参加作品)をキングレコードよりリリース。2016年には、自身でプロデュースしたソロアルバム『Off the Record』をテレビマンユニオンよりリリース。2017年「東博でバッハ」に出演。これまでにNHK交響楽団をはじめ内外のオーケストラと多数共演。

◆村治奏一OFFICIAL  HP http://www.soichi-muraji.otohako.jp/

ページの先頭へ