来場者の方 > イベントカレンダー > グランシップ懐かしの映画会

イベント

映像美の巨匠・市川崑の世界をフィルムで!

グランシップ懐かしの映画会

スクリーンを通して映像芸術の原点となる映画の素晴らしさをお伝えするグランシップサポーター企画「グランシップ懐かしの映画会」。今回は映画監督・市川崑の代表作4作品をフィルムで上映します。
会場内では静岡市の福祉事業所によるお菓子の販売や、お弁当、関連書籍の販売も。映画と併せてお楽しみください。

【上映スケジュール】
■10月21日(土) 10:00開場
10:30~12:14 「野火」
13:00~14:52 「おはん」
グランシップサポーターによる作品紹介はこちらから!

■10月22日(日) 10:00開場
10:30~12:14 「ぼんち」
13:00~15:49 「東京オリンピック」

※フィルムの状態により、音声や映像に乱れが出る場合がございます。あらかじめご了承ください。

日時 2017年10月21日(土)10:30~12:14「野火」/13:00~14:52「おはん」
10月22日(日)10:30~12:14「ぼんち」/13:00~15:49「東京オリンピック」
会場 中ホール・大地
料金 全席自由/1日券1,000円、2日通し券1,500円、ペア券1,500円、こども・学生500円
※こども・学生は28歳以下の学生
※2日通し券、ペア券はWEBでの購入はできません。
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
オンラインチケット販売
主催 グランシップ優秀映画鑑賞推進事業実行委員会、公益財団法人静岡県文化財団、文化庁、東京国立近代美術館フィルムセンター
後援 静岡県教育委員会、静岡市教育委員会
協力 木下グループ、株式会社オーエムシー
お問い合せ グランシップチケットセンター TEL054-289-9000
10/22(日)10:30~12:14「ぼんち」(1960年 大映(京都) カラー)
閉会ボタン

原作は、山崎豊子が「週刊新潮」に長期連載をした小説であり、原作者が得意とする大阪の商人ものの一編である。舞台は大阪・船場。四代続いた裕福な足袋問屋の一人息子が、女系家族の中で甘やかされ、それゆえに悪戦苦闘する姿が、多彩な女性関係を中心にして年代記風に描かれている。映画では、60歳近くになった主人公が、戦争による苦難をようやく乗り越え、家の再建を図ろうとするにあたり、昔のあれこれを回想するという形式が採られている。そこに登場するのは、自分を溺愛した祖母や母のみならず、これまで関係したさまざまな女性たちである。彼女らを演じるのは、ベテラン、演技派、若手まで、みな当時を代表する個性的な映画女優であり、その競演が一つの見どころであると言えよう。また、主演の二枚目時代劇スター・市川雷蔵は、市川監督の『炎上』(1958)で初めて現代劇に出演、その演技力が注目されたが、ここでは老け役に初挑戦している。

10/22(日)13:00~15:49「東京オリンピック」(1965年 東京オリンピック映画協会 カラー)
閉会ボタン

1964年10月10日から24日まで開催された第18回オリンピック東京大会は、スポーツによる国際交流の場を通して、わが国が世界にその復興を示した国家的規模の一大行事であったと言えるだろう。この作品はそのメモリアル・フィルムとして市川崑総監督以下、561人のスタッフが結集して製作され、翌年公開されるや空前の観客動員を記録し、12億を超える配給収入を上げた話題作である。また、その際に「記録か芸術か」という問題を提起し、様々な議論を巻き起こしたことも忘れられない。それは、この作品がスポーツの勝敗よりも、スポーツをする「人間」により多くの描写を費やしたためとも言えるのだが、これはこれで作家市川崑としての一貫した姿勢でもあった。結果は、カンヌ国際映画祭批評家協会賞受賞、「キネマ旬報」ベストテン第2位選出にも表れている。

ページの先頭へ