EVENT
グランシップ主催
音楽

グランシップ出前公演
京都市交響楽団 名曲コンサート 
横山幸雄(ピアノ)

日時 2022年1月29日(土)14:00開演(13:00開場)
会場 菊川市文化会館アエル 大ホール(菊川市本所2488-2)
東名菊川ICから約0.8km、JR菊川駅から2.7km、しずてつバス浜岡営業所行き「東名菊川」降車
料金 全席指定/S席4,800円、A席3,800円 こども・学生1,000円
※こども・学生は28歳以下の学生
※未就学児入場不可
※2階ウイング席は舞台の一部が見えない可能性があります
※指揮者は変更となる場合があります。
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL. 054-289-9000
菊川文化会館アエル TEL0537-37-3232(9:00~19:00/月曜を除く)
掛川市生涯学習センター TEl0537-24-7777
サウンドイシカワ島田市向島店 TEL0547-36-3000
発売日 アエル友の会・グランシップ友の会先行販売:10/24(日)~30(土)
一般発売:10/31(日)~
主催 公益財団法人静岡県文化財団、菊川文化会館アエル、静岡県
後援 菊川市、静岡県教育委員会、菊川市教育委員会
問合せ グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
菊川文化会館アエル TEL0537-37-3232(9:00~19:00/月曜を除く) ※月曜祝日時は翌日休館(年末年始 12/28~1/4休館)
ジョン・アクセルロッド 指揮 指揮者
ジョン・アクセルロッド(C)Stefano Bottesi
横山幸雄 ピアノ ピアニスト
横山幸雄 (C)アールアンフィニ
オーケストラ 京響 京都
京都市交響楽団 (C)井上写真事務所 井上嘉和

国内外の一流オーケストラと数多く共演し、注目を集めるジョン・アクセルロッド率いる京都市交響楽団。
満を持して贈るのは、チャイコフスキーの壮大にして華麗な世界。
世界的名手・横山幸雄による圧倒的スケールの「ピアノ協奏曲第1番」を、ぜひ会場で!
※指揮者は変更となる場合があります。

【出演】
指揮:ジョン・アクセルロッド
ピアノ:横山幸雄
管弦楽:京都市交響楽団

【演目】
~オールチャイコフスキー・プログラム~
歌劇「エフゲニー・オネーギン」からポロネーズ
ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
交響曲第4番 へ短調作 品36

ジョン・アクセルロッド(指揮)


(C)Stefano Bottesi

現代曲を含む幅広いレパートリー、革新的なプログラミング、そしてそのカリスマ性で世界各国のオーケストラから常に共演を望まれている指揮者のひとりである。ルツェルン交響楽団・歌劇場の音楽監督兼首席指揮者、フランス国立ロワール管弦楽団音楽監督、スペイン王立セビリア交響楽団音楽監督、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団首席客演指揮者を歴任。これまでにパリ管、ロサンゼルス・フィル、NHK響、京響など150以上の世界各地のオーケストラを指揮、度々再招聘されている。オペラ指揮者としても意欲的な活動を展開、ルツェルン歌劇場での数々のプロダクション等で成功をおさめている。とりわけ現代作品の紹介には積極的に取り組み、デュサパン、サーリアホなどの初演を手がけている。1988年ハーヴァード大学を卒業、指揮をレナード・バーンスタインとイリヤ・ムーシンに学んだ。2020年4月から京都市交響楽団首席客演指揮者に就任。

横山幸雄(ピアノ)


(C)ZIGEN

第12回ショパン国際ピアノコンクールにおいて歴代の日本人として最年少入賞を果たし、文化庁芸術選奨文部大臣新人賞など数多くの賞を受賞。
自ら企画する「入魂のショパン」はギネス世界記録に認定され、2019年 3日間でショパンの全作品を演奏し、その記録をDVDとしてリリース。2020年12月にはベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全32曲連続演奏の偉業を成し遂げた。
自身がプロデュースするレストランでは、より身近に音楽を感じていただく企画を提案。近年ではインターネット配信「横山幸雄マイハートピアノライヴ」を、毎月定期的に開催している。今年はデビュー30周年を迎える。
エリザベト音楽大学、名古屋芸術大学、京都市立芸術大学、山梨大学の各客員教授。日本パデレフスキ協会会長。
オフィシャルサイト https://yokoyamayukio.net/

京都市交響楽団


(C)井上写真事務所 井上嘉和

1956年に創立し、日本で唯一、自治体が設置し、運営に責任を持つオーケストラ。2015年、広上淳一とともに「第46回サントリー音楽賞」受賞。同年6月、広上淳一指揮のもとヨーロッパ公演をプルゼニ(チェコ)、ケルン(ドイツ)、アムステルダム(オランダ)、フィレンツェ(イタリア)の4都市で開催して成功を収め、2016年は創立60周年記念国内ツアーを開催し、平成28年度地域文化功労者表彰を受ける。2017年「第37回音楽クリティック・クラブ賞」本賞及び「第29回ミュージック・ペンクラブ音楽賞」クラシック部門「現代音楽部門賞」を受賞。2020年4月からは新指揮者体制として、第13代常任指揮者兼芸術顧問に広上淳一、首席客演指揮者にジョン・アクセルロッドが就任し、文化芸術都市・京都にふさわしい「世界に誇れるオーケストラ」としてさらなる前進をはかっている。

ページの先頭へ