EVENT
グランシップ主催
音楽

グランシップ リサイタル・シリーズ
小菅優 ピアノリサイタル

日時 2022年1月14日(金)19:00~(18:15開場)
会場 中ホール・大地
料金 一般3,800円
こども・学生1,000円
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL. 054-289-9000
発売日 友の会先行販売10/24(日)~10/30(土)
一般発売10/31(日)~
主催 公益財団法人静岡県文化財団、静岡県
後援 静岡県教育委員会
問合せ グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000

© Marco Borggreve

© Takehiro Goto

心のなかを流れる風を、繊細にとらえて歌うピアノ
世界的な舞台で喝采を浴びてきたピアニスト小菅優がグランシップに初登場!

<曲目>
フランク:プレリュード、コラールとフーガ M.21 ロ短調
武満徹: 雨の樹 素描 I
ドビュッシー:
前奏曲集 第1巻から「野を渡る風」「西風の見たもの」「沈める寺」
前奏曲集 第2巻から 「霧」「花火」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 op.13「悲愴」
シューベルト:幻想曲 ハ長調 D760 「さすらい人」
※曲目は変更になる場合がございます。

小菅優 プロフィール


© Marco Borggreve

小菅 優  (ピアノ)
YU KOSUGE, Piano
 
 高度なテクニックと美しい音色、若々しい感性と深い楽曲理解で最も注目を浴びている若手ピアニストの一人。9歳より演奏活動を開始し、2005年ニューヨークのカーネギーホールで、翌06年には、ザルツブルク音楽祭でそれぞれリサイタルデビューを行い、大成功を収めた。

 これまでにA.ドミトリエフ、C.デュトワ、小澤征爾、大植英次、R.ノリントン、S.オラモ等の指揮でベルリン響、フランクフルト放送響、シュトゥットガルト放送響、ハノーファー北ドイツ放送フィル、サンクトペテルブルク響、フィンランド放送響等と共演。10年ザルツブルク音楽祭で、I.ポゴレリッチの代役としてP.ヘレヴェッヘ指揮カメラータ・ザルツブルクと共演。12年4~5月、紀尾井シンフォニエッタ(指揮:T.フィッシャー)のアメリカ・ツアーに参加、10~11月にはH.シェレンベルガー指揮カメラータ・ザルツブルクの日本ツアーに参加、モーツァルトのピアノ協奏曲全8曲を共演。13年2月、服部譲二指揮ウィーン室内管と共演、ウィーン・デビュー。また10年より15年3月まで、東京、大阪でベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会(全8回)を行った。さらに現在はソロだけでなく室内楽や歌曲伴奏を含むベートーヴェンのすべてのピアノ付き作品を徐々に取り上げる新企画「ベートーヴェン詣」に取り組んでいる。

 録音はソニーから発売している「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集第5巻『極限』を含む15枚のCDをはじめ数多い。

 第13回新日鉄音楽賞、04年アメリカ・ワシントン賞、第8回ホテルオークラ音楽賞、第17回出光音楽賞を受賞。14年に第64回芸術選奨音楽部門 文部科学大臣新人賞、17年に第48回サントリー音楽賞受賞。16年秋、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集完結記念ボックスセットをリリース。2017年から4年にわたり、4つの元素「水・火・風・大地」をテーマにした新リサイタル・シリーズ『Four Elements』を開催し好評を博した。


Official Web Site yu-kosuge.com
Instagram @yu_kosuge
Facebook yu.kosuge
Twitter @yu_kosuge
YouTube Yu Kosuge

音楽評論家 山野雄大さんよりコメントをいただきました!

心のなかを流れる風を、繊細にとらえて歌うピアノ。水にゆらめく幻の美しさを、深く澄んだ詩情に響かせる、その指先。——ザルツブルク音楽祭など世界的な舞台で喝采を浴びてきた小菅優は、いつもほんとうに忘れがたい(幸せな!)時間を残してくれるピアニストだ。知情のバランスに優れ、豊かな好奇心と溢れる才気で、瑞々しくも確かな音楽を創り続けてきた彼女が、静岡に立つ。ベートーヴェンに燃える炎、シューベルトの歌から溢れ出す果てなき詩情‥‥ドビュッシーや武満徹の精緻な音宇宙、荘厳から感銘がほとばしるフランクの驚き。彼女が紡ぐ〈色彩〉と〈いのち〉が胸ふかく満ちる、至福の体験となるだろう。

スペシャルインタビュー小菅 優

グランシップマガジン「GRANSHIP」vol.27

スペシャルインタビュー小菅 優(PDF)
音楽とは自然にあるもので、必要なもの。音自体が音楽なんです。

多くの演奏家がコンクールの入賞を経て華やかな道を歩む中、演奏活動を軸に国際的な舞台へと登りつめた実力派ピアニスト。
活動内容も実に独創的です。
これまでの演奏家人生や来年1月のリサイタルの聞きどころなどをうかがいました。

ページの先頭へ