来場者の方 > イベントカレンダー > 上野耕平×三浦一馬×山中惇史 トリオ(長泉町)

イベント

【グランシップ出前公演】

上野耕平×三浦一馬×山中惇史 トリオ(長泉町)



人気・実力とも兼ね備えた若手奏者トリオによる公演。

魂をゆさぶる演奏を、五感で感じる!
その躍動感、体の内側にまで響くサウンドは、会場でしか味わえません。

<曲目>
ピアソラ(三浦一馬 編曲):孤独の歳月、鮫(アストル・ピアソラ生誕100年記念)
ラヴェル(山中惇史 編曲):ボレロ ほか


<お客様へのお願い>
・発熱又は風邪の症状がある方は、ご来場をお控えください。
・会場でのマスク着用、検温、手指のアルコール消毒にご協力ください。
・本公演では、前後左右1席空けた座席配置を予定しております。ただし、今後の感染状況により、ガイドラインが改定された際には、間隔を空けるために売り止めていた席の追加販売を行う可能性がございます。追加販売以前に購入したチケットの変更・キャンセルはお受けできませんので、予めご了承ください。
・新型コロナウィルス感染症の影響により、公演を変更・中止する場合があります。必ずグランシップホームページで最新情報をご確認ください。

日時 2021年2月23日(火・祝)14:00~
会場 長泉町文化センターベルフォーレ
(駿東郡長泉町下土狩821-1)
料金 一般:3,700円 
こども・学生:1,000円
※未就学児入場不可、こども・学生は28歳以下の学生
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL. 054-289-9000
オンラインチケット販売
発売日 友の会先行販売:11/22(日)~28(土)
一般発売:11/29(日)~
お問い合せ グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
上野耕平(サクソフォン)
閉会ボタン

1992年生まれ。茨城県東海村出身。
8歳から吹奏楽部でサクソフォンを始め、東京藝術大学器楽科を卒業。

指揮者山田和樹氏には「耕平は、1音を聴いただけで、ただ者ではないと思った!」、またボストンポップスオーケストラの音楽監督であり指揮者であるKeith Lockhartには「サクソフォンのこんな音聴いた事がない。目が飛び出るほど驚いた!」と言わしめた。

第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門において、史上最年少で第1位ならびに特別大賞を受賞。2014年第6回アドルフ・サックス国際コンクールにおいて、第2位を受賞。

デビュー以来、常に新たなプログラムにも挑戦し、サクソフォンの可能性を最大限に伝えている。

現在、国内若手アーティストの中でもトップの位置をしめ演奏活動のみならず、メディアへの出演や、「The Rev Saxophone Quartet」、「ぱんだウインドオーケストラ」のコンサートマスターとしても活躍中。

最新アルバムは「アドルフに告ぐⅡ」。
音楽以外にも鉄道と車をこよなく愛し、深く追求し続けている。

2018年第28回出光音楽賞受賞。2018年第9回岩谷時子賞 奨励賞受賞。

●公式HP https://uenokohei.com/
●Twitter https://twitter.com/KoheiUeno710
●公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCSaPBSNgz7KOZXSMmI2mZsQ

三浦一馬(バンドネオン)
閉会ボタン

1990年生まれ。2006年に別府アルゲリッチ音楽祭にてバンドネオンの世界的権威ネストル・マルコーニと出会い、自作CDの売上でアルゼンチンに渡航。現在に至るまで師事。

2007年、井上道義指揮∙神奈川フィルハーモニー管弦楽団《マルコーニ:Tangos Concertantes》日本初演でオーケストラ・デビュー。

2008年、イタリアで開催された第33回国際ピアソラ・コンクールで日本人初、史上最年少で準優勝を果たす。2011年には別府アルゲリッチ音楽祭に出演し、マルタ・アルゲリッチやユーリー・バシュメットら世界的名手と共演、大きな話題と絶賛を呼んだ。2015年出光音楽賞(2014年度)を受賞。2016年、大阪フィルハーモニー交響楽団第500回定期演奏会でバカロフの「ミサ・タンゴ」のソリストに抜擢され好評を博す。これまでにビクターエンタテインメントより4枚のCDをリリース。

2017年、自らが率いる室内オーケストラ「東京グランド・ソロイスツ」を結成、同年11月には埼玉県「久喜市くき親善大使」に就任、若手実力派バンドネオン奏者として各方面から注目されている。
使用楽器は、恩師ネストル・マルコーニより譲り受けた銘器Alfred Arnold。

●公式HP http://kazumamiura.com/
●Twitter https://twitter.com/KazumaMiura_
●OfficialFacebook  https://m.facebook.com/kazumamiura/

©井村重人

山中惇史(ピアノ)
閉会ボタン

1990年生まれ。愛知県岡崎市出身。東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、同大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。在学中、指揮科、弦楽科ティーチングアシスタントを歴任。

第18回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲一般の部第3位。「JR岡崎駅イメージソング」、「岡崎市立翔南中学校校歌」、「祝典行進曲」(岡崎市制100周年記念、岡崎スクールバンド協議会委嘱)など、出身地である岡崎市への楽曲提供も数多く行う。器楽、室内楽、合唱など多数がヤマハミュージックメディア、カワイ出版などから出版されている。

またピアニストとしては、上野耕平をはじめとする国内外のアーティストと共演を重ねている。2014年、小川響子氏とのデュオで第2回デザインK国際音楽コンクールにてグランプリ受賞。

編曲の分野に於いても担当したアーティストはクラシックからポップスまで幅広い。ピアニスト、作曲家、アレンジャーとして参加した各CDはレコード芸術誌にて特選盤、準特選盤に選出されている。
令和元年度第26回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門にて『風三章』(詩・茨木のり子)で第1位を受賞。

●Twitter @ginyamagin

ページの先頭へ