来場者の方 > イベントカレンダー > グランシップ&静響ニューイヤーコンサート

イベント

【グランシップ出前公演】静岡ガスPRESENTS 

グランシップ&静響ニューイヤーコンサート

会場:静岡市民文化会館



新年の幕開けを彩る恒例のニューイヤーコンサート。第19回目となる2021年は、会場を静岡市民文化会館に移し、静岡交響楽団と、世界で活躍する飯森範親マエストロ、ソプラノの梅津碧さんの華やかな協演をお届けします。

管弦楽:静岡交響楽団


曲目:
ベートーヴェン/交響曲 第6番 「田園」
ヨハン・シュトラウスⅡ世/
 ワルツ「春の声」
 喜歌劇「こうもり」より序曲、“侯爵さま あなたのようなお方は”、“田舎娘を演じるときは”
 ワルツ「美しき青きドナウ」ほか

※曲目は変更になる場合がございます。


●ソーシャルディスタンス確保のため、座席の間を空けてお座りいただきます。
●新型コロナウィルス感染症の影響により、公演を変更・中止する場合があります。必ずグランシップホームページで最新情報をご確認ください。

日時 2021年1月8日 (金)
夜公演のみ 18:30~
会場 静岡市民文化会館 大ホール
(静岡市葵区駿府町2番90号)
料金 2000円
※事前申込制、座席は抽選による配席。
 当選通知後、記載の期日までに支払、チケット受取。
プレイガイド 申込フォーム
■WEBからの申込
■往復はがきによる申込
(下記参照)

★チケット受取方法は以下3つからお選びください。
●グランシップチケットセンター(平日のみ 10:00~17:00)
●ファミリーマート
●郵便振替後に郵送(手数料、送料が別途かかります)

■申込締切 2020年11/15()必着
※重複応募、記入もれ等不備は無効。
※応募者多数の場合は抽選。結果は、12月上旬頃はがきまたはメールにて連絡。
発売日 9/15(火)~申込受付開始
主催 特定非営利活動法人静岡交響楽団
共催 公益財団法人静岡県文化財団
特別協賛 静岡ガス株式会社
後援 静岡県
お問い合せ グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
指揮:飯森範親
閉会ボタン

飯森 範親 Norichika Iimori (Conductor)

桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリンとミュンヘンで研鑽を積み、94年から東京交響楽団の専属指揮者、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者、広島交響楽団正指揮者などを歴任。96年、東京交響楽団のヨーロッパツアーでは「今後、イイモリの名が世界で注目されるであろう」と絶賛された。03年、NHK交響楽団定期演奏会にマーラーの交響曲第1番でデビューを飾る。06年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞、06年度中島健蔵音楽賞を受賞。
海外ではフランクフルト放響、ケルン放響、チェコ・フィル、プラハ響などに客演を重ねる。01年よりドイツ・ヴュルテンベルク・フィルの音楽総監督(GMD)に就任し、ベートーヴェンの交響曲全集を録音。06年の日本ツアーを成功に導き、2017年5月にはミュンヘンのヘルクレスザールを始めドイツ国内のツアーにて指揮。同年9月にはポーランドのオルシティン・フィルのシーズン開幕を指揮し成功を収めている。
東京交響楽団特別客演指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。07年から山形交響楽団の音楽監督に就任、次々と新機軸を打ち出してオーケストラの活動発展と水準の向上に目覚しい成果を挙げたことで2011年齋藤茂吉文化賞を受賞。
2014年シーズンから日本センチュリー交響楽団首席指揮者、2019年シーズンより山形交響楽団芸術総監督に就任。2020年1月より東京佼成ウインドオーケストラ首席客演指揮者、同年4月より中部フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者に就任。

飯森範親オフィシャル・ホームページ
http://iimori-norichika.com/

ソプラノ:梅津碧
閉会ボタン

山形県出身。青山学院大学文学部英米文学科卒業。東京音楽大学声楽演奏家コース首席卒業。
卒業演奏会、第83回読売新人演奏会で好演。ウィーン・プライナー音楽院を審査員全員一致で首席卒業。現在ウィーン国立音楽大学大学院オペラ科在籍。
近年では新国立劇場中劇場にて東京オペラ・プロデュース主催、日本初演『ラインの妖精』主演アルムガート、ウィーン・シェーンブルン劇場『魔笛』 夜の女王、日生劇場『魔笛』パパゲーナ、東京オペラ・プロデュース『ロメオとジュリエット』ジュリエット役などに出演。国内外で数々のオペラ、コンサートに出演、卓越した歌唱力と演技力で聴衆を魅了している。第九や宗教曲のソリストとしても深い表現力で高い評価を得ている。
山形交響楽団、群馬交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団など数々のオーケストラと共演。
今後も山形交響楽団第九公演、静岡交響楽団ニューイヤーコンサート、いずみシンフォニエッタ定期公演等に出演予定。

管弦楽:静岡交響楽団
閉会ボタン

1988年11月静岡県内初のプロフェッショナルオーケストラとしてスタート。静岡市清水区のマリナートを本拠として、定期演奏会をはじめ、行政の公式行事、企業協賛のコンサート、未就学児や青少年のための音楽鑑賞会、病院・老人福祉施設の訪問など、年間約150回の公演をお届けしている。
2008年3月公益社団法人日本オーケストラ連盟の準会員となり、名実ともに中部・東海地方を代表する常設オーケストラの一つとなる。
長年の演奏活動を通して地域文化・芸術の普及振興と青少年の文化活動活性化等の事業が認められ、2013年5月静岡県文化奨励賞受賞。
2018年4月より高関健氏をミュージック・アドヴァイザーとして迎え、現在に至る。

静岡交響楽団ホームページ
https://www.shizukyo.or.jp/

昨年の様子

ページの先頭へ