来場者の方 > イベントカレンダー > グランシップ プレミアム・クリスマス・ジャズ・ライヴ 伊藤君子

イベント

艶やかな歌声に酔う、芳醇なひととき。

グランシップ プレミアム・クリスマス・ジャズ・ライヴ 伊藤君子

日本を代表するヴォーカリスト、伊藤君子が季節にぴったりのクリスマス・ソングやジャズ・スタンダード、そして敬愛する美空ひばりのナンバーまで幅広いラインナップでお届けする大人のためのコンサート。
ストリングスも加わった贅沢なステージをお楽しみください。

今回のコンサートについて、伊藤君子さんからメッセージをいただきました!
動画はこちらから。

【出演】
伊藤君子(ヴォーカル)
宮本貴奈(ピアノ)
井上陽介(ベース)
ジーン・ジャクソン(ドラムス)
<会田桃子ストリングス>
会田桃子(ヴァイオリン)、中島優紀(ヴァイオリン)、角谷奈緒子(ヴィオラ)、島津由美(チェロ)

※ベーシストが坂井紅介さんから井上陽介さんに変更となりました。

【曲目】
ザ・クリスマス・ソング
サイレント・ナイト(聖しこの夜)
ニューヨーク・ステイト・オブ・マインド
愛燦々
魅惑のワルツ 他
※曲目は変更となる可能性があります。

日時 2018年12月15日(土)17:00開演(16:30開場)
会場 中ホール・大地
料金 一般5,100円、こども・学生1,000円
※こども・学生は28歳以下の学生、未就学児入場不可

【12/8(土)10:00より直前割引開始!】
一般5,100円 ⇒4,080円
※グランシップチケットセンター窓口、TEL(054-289-9000)、WEBからお買い求めいただけます。
※こども・学生は1,000円です。
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
オンラインチケット販売
発売日 友の会先行販売:8月26日(日)~9月1日(土)
一般発売:9月2日(日)~
主催 公益財団法人静岡県文化財団・静岡県
お問い合せ グランシップチケットセンター TEL054-289-9000
伊藤 君子
閉会ボタン

香川県小豆島生まれ。 4歳の時、ラジオから流れる美空ひばりの歌声に魅せられ、歌手を目指す。 1982年、 アルバム「バードランド(THE BIRDLAND)」でレコード・デビュー。 その後、ニューヨークのジャズクラブへの出演、 また、日野皓正グループをはじめとする日本の本格派ジャズグループとの共演で、 その歌唱力は国内外で高く評価された。
 ソニー・ミュージックより、1989年、日米同時発売されたアルバム「フォロー・ミー(FOLLOW ME)」は、米ラジオ&レコード誌のコンテンポラリー・ジャズ部門の16位にチャート・インするという日本人女性ヴォーカリストとして初の快挙を成し遂げた。 ジャズ・ヴォーカリストとして確固たる地位を築いた伊藤君子は、 以降、 アルバム、 コンサート、海外のジャズフェスティバル(1997年、世界で最大のジャズ・フェスティバルである、スイス・モントルー・ジャズ・フェスティバルに小曽根真と共に出演)、 テレビ・ラジオ番組、 ライブハウス、と幅広い演奏活動を続け、スイングジャーナル誌の人気投票では1988~96年の女性ヴォーカリスト部門第1位を獲得した。
 2000年に発売されたニューヨークでのスタジオ・レコーディング・アルバム「KIMIKO」は、プロデューサーに小曽根真を迎え、ヴォーカリストとしての伊藤君子の魅力を存分に引き出したものと評価され、スイングジャーナル誌2000年度ジャズディスク大賞日本ヴォーカル賞を受賞した。 2004年には、再度、小曽根真をプロデューサーに迎え、ビッグ・バンド(ノー・ネーム・ホーセズ)との共演アルバム「一度恋をしたら」を発表、更に、同年、押井守監督の映画『イノセンス』の主題歌を、2007年には津軽弁でジャズを歌ったミニ・アルバム「津軽弁ジャズ~ジャズだが?ジャズだじゃ!」を発表するなど、新しい挑戦を続けている。
2010年10月には6年振りのアルバムとなる「まっかなおひるね」が発売となった。これは同年2月にベルリンで録音されたもので、ベルリン在住のピアニスト、高瀬アキとのコラボレーション・アルバムで、全篇日本語の歌詞によるもので、芥川賞作家:多和田葉子、伝説的なビート詩人:白石かずこの詩に高瀬アキが曲を書き下ろした意欲作となっている。録音後、高瀬アキ、井野信義と共にパリ、ローマ、セネガルとコンサート・ツアーを行った。なお、「まっかなおひるね」のジャケットには世界的なポップアート作家、奈良美智の絵が使われている。更に、2015年10月、津軽弁によるジャズの第2弾「ジャズだべ!ジャズださ!」を発売、ゲストに佐藤竹善(シング・ライク・トーキング)、上妻宏光(津軽三味線)を迎えた。

そして、幼少の頃、ラジオから流れる美空ひばりの歌声に憧れ、歌手を志した伊藤君子が、美空ひばり生誕80周年にあたる2017年5月29日(美空ひばりの誕生日)に日本コロムビアより「Kimiko Sings HIBARI」が発売された。

近年も精力的な演奏活動と共に、後進の指導にも時間を割くなど、日本のジャズ・ヴォーカルの「至宝」としてその存在感は増すばかりである。

ページの先頭へ