来場者の方 > 支援・募集情報 作品募集・出演者・人材募集 > 平成30年度「静岡県公立ホール連携支援研修事業」を開催!参加者募集中!

支援・募集情報 作品募集・出演者・人材募集

平成30年度「静岡県公立ホール連携支援研修事業」を開催!参加者募集中!

募集中

 今年度、静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップでは、静岡県内の公立文化施設の職員等を中心に1年にわたる実践的な研修を実施します。今回は県内公立文化施設間のネットワーク化をさらに推進し、制作能力の向上と各館連携による地域の文化振興を図ることをテーマとしています。
 
 前期は、昨今の公立文化施設が抱える課題を共有し、その背景から「連携事業」の意義と制作手法を考えます。後期は、文化施設や文化人材の地域における役割について参加者同士が問題意識を共有し、それぞれの打開策等についてグループワークや討論を行い、最終的にはトライアル公演と称し、研修生が主体となり公演制作を行います。
 
 本研修では、公立文化施設職員としてのスキル向上を図るとともに県内文化施設や文化行政部門とのネットワーク作りを目指しています。研修が一過性のものではなく、持続的なネットワークとして機能し将来的にはその成果として参加館同士による連携事業を実施したいと考えています。

テーマ 各館連携と地域の文化振興
対 象 県内の公立文化施設に勤めている職員(文化行政、教育行政に携わる職員も可)
県内のアートNPOに勤めている職員(若干名)
※文化施設の共同・連携事業や教育普及事業に関心がある事業担当者など
募集人数 10人程度(全プログラム参加できない場合はご相談ください。)
※各回のプログラムに、聴講生として単発で参加を希望される方を別途承ります。
詳細は下記までお問い合わせください。
期 間 平成30年6月~平成31 年3月 全9回
場 所 グランシップ内 会議室、映像ホール、リハーサル室 ほか
申込方法 所定の申込用紙に必要事項をご記入の上、5月18日(金)までに郵送、Fax、メールのいずれかにて送付下さい。
申込用紙(word)  申込用紙(PDF)
問合先 公益財団法人静岡県文化財団 事業課 企画制作グループ
Tel. 054-203-5714 / Fax. 054-203-5716 / Mail. info@granship.or.jp




【 前期 】

*各回後半にグランシップの中村芸術監督が加わり、ディスカッションをします。

第1回 2018年6月4日(月)13:30~17:00 グランシップ902会議室

 『公立文化施設を取り巻く現状と課題』

①  「公共文化施設の使命を考える」
劇場法の制定や各地での市民参加型アートプロジェクトの増加など、昨今の公立文化施設を取り巻く状況や抱える課題を概観し、公立文化施設のあり方とミッション、文化施設職員に求められる役割について考えます。また公立文化施設の社会的役割から連携事業のあり方を考えます。
[講師]小林真理/東京大学教授(文化経営学)

②  「地域における文化芸術の多元的機能」
[講師]中村透 / 作曲家、グランシップ芸術監督


第2回 2018年6月29日(金)13:30~17:00 グランシップ902会議室

 『文化を活かした官民協働のまちづくり』

①  「文化を活かした官民協働のまちづくり」
[講師]松本 茂章(静岡文化芸術大学)

②  グループディスカッション
[講師]松本 茂章(静岡文化芸術大学)
    中村透 / 作曲家 グランシップ芸術監督


第3回 2018年7月25日(水)、または27日(金) 13:30~17:00

『連携事業の実例とその可能性~グランシップ共同コンサートを事例に』

① 「連携事業の実例とその可能性」
[講師]高橋透 /日本アートマネージメント学会会員      

② グループディスカッション
[講師]高橋透 / 日本アートマネージメント学会会員
    中村透 / 作曲家 グランシップ芸術監督


【 後期 】

第4回 2018年9月26日(水) 13:30~17:00 グランシップ映像ホール、4階会議室

【作品制作① 課題を探る】 「自主事業」制作のあり方を考えてみよう!

①「地域の課題と魅力を探る」
[講師]深野裕士(マチテラス製作所)

②「グループディスカッション」
[講師]深野裕士(マチテラス製作所)
    中村透 / 作曲家 グランシップ芸術監督


第5回  2018年10月15日(月)13:30~17:00 グランシップ904会議室、映像ホール

 ※5回目以降グランシップ登録アーティスト参加

【作品制作②「自主事業」を企画しよう!】 

①企画立案のためのディスカッション
[講師]花田和加子 / ヴァイオリニスト 地域創造公共ホール音楽活性化事業コーディネーター
    中村透 / 作曲家 グランシップ芸術監督


第6回 2018年11月19日(月) 13:30~17:00 グランシップ リハーサル室

【作品制作③ 舞台制作にトライしよう!】

① 舞台現場を想定したプログラム展開の試行

[講師]花田和加子 / ヴァイオリニスト 地域創造公共ホール音楽活性化事業コーディネーター
    中村透 / 作曲家 グランシップ芸術監督
[アドバイザー]小澤一弘(ステージループ静岡)


第7回 2018年12月14日(金) 13:30~17:00 グランシップ リハーサル室

【作品制作④リハーサル!】

[講師]花田和加子 / ヴァイオリニスト 地域創造公共ホール音楽活性化事業コーディネーター
    中村透 / 作曲家 グランシップ芸術監督

[アドバイザー]小澤一弘(ステージループ静岡)


第8回  2019年1月~2月(2月24日候補)グランシップ交流ホール(予定)

 トライアル公演の実施 

[講師]花田和加子 / ヴァイオリニスト 地域創造公共ホール音楽活性化事業コーディネーター
    中村透 / 作曲家 グランシップ芸術監督


第9回  2019年3月22日(金)

「振り返りとまとめ」

[講師]花田和加子 / ヴァイオリニスト 地域創造公共ホール音楽活性化事業コーディネーター
    中村透 / 作曲家 グランシップ芸術監督


※セミナーの内容・日程および講師は、都合により変更になる場合がございます。ご了承ください。

<講師プロフィール> 

○   小林 真理/東京大学教授

文化資源の保存・公開・活用するにあたっての、文化行政および文化政策のための理論、制度、具体的に地方自治体においてどのように文化行政を推進していくかを研究している。複数の地方自治体の文化政策の立案・制度設計・評価等に関わっている。地方主権のドイツにおける芸術文化振興施策および劇場運営についても詳しい。


○   松本 茂章/公立大学法人静岡文化芸術大学文化学部/文化政策研究科 教授

早稲田大学卒業。同志社大学総合政策科学研究科後期課程修了。博士(政策科学)。専門は自治体文化政策。日本アートマネジメント学会会長、日本文化政策学会理事。単著に『芸術創造拠点と自治体文化政策』(2006)、『官民協働の文化政策』(2011)、『日本の文化施設を歩く』(2015)。共編著に『指定管理者は今どうなっているのか』(2007)。共著に『呼吸するお寺』(2007)、『入門 文化政策』(2008)、『地域の自律と文化政策の役割』(2011)など。


○   深野 裕士 /一般社団法人マチテラス製作所 代表理事

持続可能な地域づくりのためには、社会関係資本を豊かにすることが重要との思いから一般社団法人を設立(2014年)。人と人をつなぐ「機会」や「場」の創造および提供のため、デザイン思考、ファシリテーションスキルなどを用いて市民主体で地域課題に取り組む活動を実践中。2012年度、川根本町文化会館事業担当者として本アートマネジメントセミナーを受講・修了。
 

○    髙橋  透/ 日本アートマネージメント学会会員

1982年4月、神奈川県企業庁入庁。1992年4月、神奈川県民ホール。2000年4月、県民部文化課KAAT神奈川芸術劇場開設準備担当。2010年4月、東京芸術劇場事業企画課長。2014年4月、(公財)東京都歴史文化財団事務局調整担当課長。2015年4月、(公財)静岡県文化財団事業課参事兼プロデューサー。2018年4月、(独)日本芸術文化振興会プログラムオフィサー。1997年度文化庁芸術家在外研修員(アートマネージメント分野)。
 

○    花田和加子 / ヴァイオリニスト 地域創造公共ホール音楽活性化事業コーディネーター

5歳でヴァイオリンを始め、15歳で渡英。英国王立音楽カレッジのディプロマ(ARCM)を取得。オックスフォード大学(音楽学理)、東京藝術大学大学院修士課程(ヴァイオリン)を修了。同大学院博士課程で学ぶ。1999年度村松賞受賞。アンサンブル東風、アンサンブル・ノマド等のメンバーとして古典から現代までの幅広いレパートリーで演奏活動を展開。数々の世界初演を手掛ける。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師、サントリーホール室内楽アカデミーファシリテーター、(財)地域創造コーディネーター。
 

【研修コーディネーター】

○    中村  透 / 作曲家 グランシップ 芸術監督

琉球大学名誉教授、作曲家・芸術文化学博士。作曲理論、舞台芸術創造論。シュガーホール芸術監督として各種コンサート、伝統芸能公演等の制作・運営に参加。地域創造公共ホール音楽活性化事業調査委員・アドバイザー、国立劇場おきなわ自主事業実行委員会委員等を歴任。主要作品として、オペラ「モーイのとんち」「キジムナー時を翔る」(平成2年度文化庁優秀舞台芸術創作奨励特別賞)等。地域創造・ステージラボ静岡セッションコーディネーター。2017年4月、グランシップ芸術監督に就任。

ページの先頭へ