フォトコンテスト趣旨

 静岡県は、徳川慶喜、下岡蓮杖といった日本の写真文化に多大なる貢献をした先人が多く居住し、現在も多くのアマチュア写真家が活躍しており、日本の写真文化の発展に大きく寄与してきました。また静岡県は、富士山や浜名湖をはじめとする豊かな自然、久能山東照宮や韮山反射炉など歴史的な名所・旧跡など多彩で魅力的な被写体を有し、全国の写真家を魅了してきました。
 今回で第9回を迎える「静岡の魅力 フォトコンテスト」は静岡県内の魅力を日本全国、世界に発信すること、また写真文化の更なる発展と振興を目的とし、開催します。

募集部門

「静岡の魅力部門」「写真の魅力部門」「モノクロ部門」の三部門から皆様の作品を募集いたします。

静岡の魅力部門(県内外から<静岡の魅力>を発見)

静岡県内外で撮影した静岡県の魅力を伝える風景、名所、自然、祭り、町並み、人物や富士山静岡空港等で撮影した作品。

●カラー写真のみ

写真の魅力部門(自由部門)

カメラを使用し写し撮ったあらゆる写真、写真表現の可能性に挑戦する作品。

●被写体問わず(ただし、公序良俗に反しないものとする。) ●画像加工を可とする ●カラー写真のみ

モノクロ部門

モノクロ写真の魅力を表現、凝縮した作品。

各賞、賞金及び賞品

最優秀賞(静岡県知事賞)×1点…30万円

大竹省二賞     ×1点…20万円

静岡の魅力部門 各賞

部門大賞(静岡県教育委員会教育長賞)×1点
15万円
優秀賞(静岡県観光協会会長賞)×1点
5万円
特選×2点
3万円
入賞×20点
5千円
佳作×40点
記念品

写真の魅力部門 各賞

部門大賞(静岡県文化協会長賞)×1点
15万円
優秀賞×1点
5万円
特選×2点
3万円
入賞×20点
5千円
佳作×40点
記念品

モノクロ部門 各賞

部門大賞(静岡新聞社・静岡放送賞)×1点
15万円
優秀賞×1点
5万円
特選×1点
3万円
入賞×10点
5千円
佳作×20点
記念品

グランシップ学生賞

学生最優秀賞×1点
記念品(3万円相当)
優秀賞×1点
記念品(1万5千円相当)
特選×2点
記念品(5千円相当)
入賞×10点
記念品(2千円相当)

協賛社賞(50音順)

アサヒカメラ賞
アサヒカメラ誌1年分
エプソン賞
A3染料プリンター
キヤノン賞
EOS Kiss X8i・EF-S18-135 IS USM レンズキット
ニコン賞
Nikon 1 J5 標準パワーズームレンズキット
日本カメラ賞
盾及び日本カメラ誌1年分
フォトコン賞
盾及びフォトコン誌1年分
フォトコンライフ賞
フォトコンライフ誌1年分
富士フイルム賞
チェキ instax mini 70 BLUE
及びインスタントカラーフィルムinstax mini
リコー賞
360°全天球カメラ「RICOH THETA SC」

※賞品は都合により変更される場合があります。

審査委員

  • 蜂須賀 秀紀(写真家)
  • 沼田 早苗(写真家)
  • 織作 峰子(写真家)
  • 天野 一(静岡県文化芸術振興議員連盟会長)
  • 石塚 正孝(静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ館長)

応募規定

応募締切 2017年8月31日(木)※当日消印有効

応募条件
  • 作品は全てプリントでご応募ください。
  • サイズは四つ切またはA4サイズ(四辺に1~1.5cm程度のふちを取ってください。)
  • カラー、モノクロ可。単写真に限ります。
  • 応募作品は自作で未発表のものに限ります。
  • 額装、パネル貼り及び台紙貼り作品等はご応募できません。
  • すべての部門においてデジタル作品を可とします。
  • 静岡の魅力部門・モノクロ部門は、画像加工した作品は失格とします。
画像加工
画像加工とは、実在のものを消したり、ないものを描いたりしたものや色を変えたもの、コラージュ等の加工を指します。
ただし、トリミング、自然な濃度や色味の調整はこれに該当しません。
応募料
  • 一般 :1作品につき2,000円(定額小為替でお支払いください。)
  • 学生 :無料(28歳以下の学生) ※高校生以上は学生証のコピーを添付してください。
  • ※応募料分の定額小為替(ゆうちょ銀行や郵便局で取扱)を作品と一緒に同封してください。(受取人は記入しないでください。)
  • ※定額小為替購入の際の手数料は応募者負担になります。
応募方法
  • 応募に際しては、必ず「応募票」を作品と共に提出してください。
  • 応募作品には、作品ごと「応募票」に必要事項を記入の上、作品の裏面に貼付してください。
  • 応募は郵送のみの受付とします。
  • 「応募票」は、本コンテスト応募要項に添付されています。複数応募の際は「応募票」を複写のうえ、ご使用ください。なお、「応募票」はこちらからダウンロードできます。PDF形式(0.98MB)
  • 応募票が提出されない場合や、記載漏れのある場合は、審査対象外になる場合があります。
入賞作品について
  • 作品のネガ・ポジフィルム(デジタル作品の場合は記録媒体)の提出をもって入賞とします。なお、提出された原版は、賞確定後2年間は返却いたしません。(返却希望者には、それ以降に返却いたします。詳細は入賞通知にてご案内いたします。)
  • 入賞作品の著作権は撮影者に帰属します。ただし、賞確定後2年間は当該作品を他に使用する場合は公益財団法人静岡県文化財団に承諾を得てください。また応募者は入賞作品が審査結果発表後に、公益財団法人静岡県文化財団が広報を目的として広報物、巡回展その他に使用することを認めること。
その他の注意事項
  • 人物や著作権・商標権等の権利を有するものが被写体となる作品は、応募者の責任において応募及び展示・公開等の許可を必ず得てください。
    また、被写体が未成年の場合は親権者の承諾が必要です。被写体の承諾を得ていない作品の応募は不可とします。
  • 被写体の肖像権侵害等の責任は負いかねます。万一、第三者と紛争が生じた際は、応募者自身の責任によって解決していただきます。
  • 応募は撮影者本人に限ります。本人以外の名前を使用した場合は失格になります。
  • 応募作品は、未発表のもので、同一または類似作品が、その他のコンテストなどに応募および発表される予定のないものに限ります。
  • 作品の取扱いには十分注意いたしますが、万一の事故に対する責任は負いかねますので、ご了承ください。
  • 応募時に提出されたプリントは、返却いたしません。
  • 審査により該当作品のない賞が出る場合もあります。
  • 個人情報については個人情報保護法によって適切な管理を行います。なお、本コンテストを通じて入手した個人情報は、入賞作品の発表、審査結果の通知などに使用いたします。本人の許可なく個人情報を第三者に開示・提供することはありません。
入賞作品の活用
入賞作品については、公益財団法人静岡県文化財団が実施する巡回展、制作する図録、カレンダー、各種チラシ、ポスター、ホームページ等に使用する場合があります。その他、観光宣伝用ポスター・パンフレット・チラシなど静岡県のPRに活用される場合があります。なお、入賞作品の活用に際しましては、入賞作品の活用希望者(県、市町、一般他)から主催者(静岡県文化財団)が使用を許可したものに限ります。
入賞作品
の発表
入賞作品については、2017年10月末(予定)に入賞者本人に直接通知します。また、グランシップのホームページ(http://www.granship.or.jp)で発表いたします。 表彰式は2018年1月13日(土)予定。
入賞作品
の展示
2018年1月13日(土)〜28日(日)、静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ展示ギャラリーにおいて入賞作品展を開催いたします。

応募先・お問い合せ先

第9回フォトコンテスト事務局
  • TEL.054ー202ー9011(受付時間/月〜金 9:30〜17:00 土日祝年末年始除く)
  • 〒422ー8061 静岡市駿河区森下町3ー6
    (株)エイエイピー 「フォトコンテスト事務局」 宛
  • FAX.054ー284ー6330 Eーmail.