来場者の方 > イベントカレンダー > NHK交響楽団×野平一郎プロジェクト シリーズⅡ

イベント

N響の精鋭メンバーが贈る古典派の名曲と話題作の第二弾!

NHK交響楽団×野平一郎プロジェクト シリーズⅡ

~N響メンバーによる古典派編+野平一郎 新作 静岡トリロジーⅡ「終わりなき旅」~

NHK交響楽団が、世界的作曲家・ピアニストである野平一郎(静岡音楽館AOI芸術監督)の三部作「静岡トリロジー」を世界初演するシリーズ第2弾。今回はNHK交響楽団のメンバーが古典派を代表する作曲家モーツァルトの名曲と共にお贈りします。

■出演
野平一郎
NHK交響楽団メンバー

■曲目
W.A.モーツァルト:アダージョとフーガ ハ短調 K.546
野平一郎:静岡トリロジーⅡ 「終わりなき旅」(公益財団法人静岡県文化財団委嘱作品)
W.A.モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550

【静岡トリロジーやモーツァルトがもっとわかる!事前レクチャー】
「事前レクチャー野平一郎のオーケストラ塾~ピアノでひもとくモーツァルトの世界、そして静岡トリロジー~」を下記日程で開催!
日時:2019年2月2日(土)14:00~
会場:グランシップ地下リハーサル室
全席自由/一般1,000円、学生500円 ※事前申込制

【NHK交響楽団×野平一郎プロジェクト】
静岡県の「文化プログラム」として開催するこのプロジェクトは、グランシップが国際的に活躍する作曲家・ピアニストである野平一郎氏に、静岡の歴史に残る楽曲(三部作)を委嘱し、毎年1作ずつ3年の歳月をかけて、日本を代表するオーケストラNHK交響楽団が世界初演する大プロジェクトです。新作委嘱作品は「静岡トリロジー(三部作)」と名付けられ、第1回は、2018年3月3日にNHK交響楽団のメンバーによって熱演されました。
このコンサートの魅力は、野平作品に加え、音楽の歴史を辿るように、その時代の名曲をNHK交響楽団メンバーの演奏で楽しめること。第1回では小編成のアンサンブルによるヴィヴァルディとJ.S.バッハによるバロック時代の名曲をお届けしました。第2回となる今回は、さらに時代が進み、古典派時代の楽曲からモーツァルトの作品を演奏します。

野平一郎氏が静岡のための書き下ろす大作「静岡トリロジー」と音楽の歴史を辿る名曲を、幅広いレンジでお楽しみいただくことができる3回のシリーズは、2020年のオリンピック・パラリンピックの年に完成を予定しています。このプロジェクトは静岡から全国に、2020年に向けて世界に発信する大きな文化的財産となることを目指しています。

第一回目(2018年3月3日開催)の様子はこちらから

日時 2019年3月24日(日)15:00開演(14:30開場)
会場 中ホール・大地
料金 S席5,100円、A席4,100円、こども・学生1,000円
※こども・学生は28歳以下の学生、未就学児入場不可
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
オンラインチケット販売
発売日 友の会先行販売:12月16日(日)~22日(土)
一般発売:12月23日(日)~
主催 公益財団法人静岡県文化財団、静岡県
お問い合せ グランシップチケットセンター TEL054-289-9000
NHK交響楽団
閉会ボタン

1926年に新交響楽団として結成され、日本交響楽団の名称を経て、1951年NHK交響楽団と改称。カラヤンなど世界一流の指揮者を次々と招聘し、歴史的名演を残している。現在、年間54回の定期公演に加え、全国で約120回の演奏活動を実施。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2017年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要7都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。
指揮者陣は、首席指揮者P・ヤルヴィ、名誉音楽監督C・デュトワ、桂冠名誉指揮者H・ブロムシュテット、桂冠指揮者V・アシュケナージ、名誉客演指揮者A・プレヴィン、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。

野平一郎(作曲家・ピアニスト・指揮者)
閉会ボタン

東京藝術大学、同大学院修士課程作曲科を修了後、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学ぶ。作曲、ピアノ、指揮、プロデュース、教育などの多方面にわたる活動を行う。ピアニストとしては、内外の主要オーケストラにソリストとして出演する一方、多くの名手たちと共演し、室内楽奏者としても活躍。古典から現代までレパートリーは幅広い。マヌリやベンジャミン、松平頼則等の作品を世界初演、またリゲティ、武満徹作品他の日本初演を行なう。作曲家としては、100曲以上に及ぶ作品を発表しており、フランス文化省、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、IRCAM、ベルリン・ドイツ交響楽団、モントリオール交響楽団、国立劇場(日本)、(公財)静岡県文化財団、(公財)静岡市文化振興財団等からの委嘱作品がある。第13回中島健蔵音楽賞、芸術選奨文部大臣新人賞、第11回京都音楽賞実践部門賞、第55回芸術選奨文部科学大臣賞、第44回、第61回尾高賞を受賞。2012年紫綬褒章受章。現在、静岡音楽館AOI芸術監督。東京藝術大学作曲科教授。

ページの先頭へ