来場者の方 > イベントカレンダー > グランシップ静岡能

イベント

グランシップ伝統芸能シリーズ

グランシップ静岡能

宝生流第二十代宗家出演による本格的な能楽公演

「伝統芸能にみる“恋”」をテーマに開催した今年度の「グランシップ伝統芸能シリーズ」。
シリーズを締めくくる「グランシップ静岡能」では、光源氏に対する夕顔の恋心や人生の儚さを題材にした『半蔀』と、夫に捨てられた女が恨みの末に鬼女となり、陰陽師・安部晴明との迫力ある場面を繰り広げるのが印象的な『鉄輪』を上演。女性の様々な想いが、距離や時空を超えて生き続ける見どころにあふれた演目です。

能:「半蔀」 シテ佐野 登
  「鉄輪」 シテ宝生和英

狂言:「水汲」 三宅右矩


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、今回は静岡県出身の華道家・辻雄貴氏が『鉄輪』の世界観を表現するため、国際的に活躍する日本画家・千住博氏の協力を得て、日本の原風景をイメージした能舞台を演出します。

<舞台美術・演出> 辻 雄貴(つじ ゆうき) 【華道家】

1983年静岡県出身。工学院大学大学院工学研究科建築学専攻、修士課程修了。辻雄貴空間研究所主宰。建築という土台を持ちながら追及する「いけばな」は、既存の枠組みを超えて、建築デザイン、舞台美術、彫刻、プロダクトデザインなど独自の空間を芸術として演出される。人と建築と植物、三つの関係性のもと植物の生命力と人間の創造力を融合させた空間表現は他に類がない。2013年フランスにて「世阿弥生誕650年観阿弥生誕680年記念フェ―ル城能公演」の舞台美術を手がける。2016年ニューヨークカーネギーホール主催公演にていけばなを披露。近年は国内外を問わず様々なブランドとアートワークを発表。世界を舞台に、日本の自然観・美意識を表現している。

***************************************
<舞台美術特別協力> 千住 博(せんじゅ ひろし) 【日本画家】

東京藝術大学大学院博士課程単位取得満期退学。1995年ヴェネツィアビエンナーレで東洋人初の名誉賞、2002年MOA岡田茂吉賞大賞を受賞。2005年ミラノサローネ、2006年光州ビエンナーレ、2011年成都ビエンナーレ、2013年瀬戸内国際芸術祭、2015年第56回ヴェネツィアビエンナーレなどに出品。展覧会の他、米・フィラデルフィア「松風荘」襖絵、京都・「大徳寺聚光院」襖絵、東京国際空港やAPEC JAPAN首脳会談のアートディレクションなど、活動は国際的で多岐に渡る。近年には2016年平成28年度外務大臣表彰、2017年イサム・ノグチ賞などを受賞。長野県軽井沢市に2011年に開館した軽井沢千住博美術館がある。
***************************************


※演出の都合上、通常の能楽公演よりも客席が暗くなる場合があります。
また、開演後の入場については少しお待ちいただくこともありますので、ご了承ください。

日時 2018年1月27日(土)14:00開演(13:30開場)
会場 中ホール・大地
料金 一般5,100円 こども・学生1,000円 ※未就学児入場不可


<御殿場・裾野・三島発!鑑賞バスツアー>
『焼津港の豪華ランチ付き!久能山石垣いちご狩り&グランシップ静岡能公演ツアー』
御殿場市民会館(8:00)⇒裾野駅(8:35)⇒三島駅(8:50)⇒久能山石垣いちご狩り⇒焼津港金寿司(昼食)⇒「グランシップ静岡能」鑑賞(14:00頃)⇒三島駅(18:15頃)⇒裾野駅(18:35頃)⇒御殿場市民会館(19:10頃)

出発日:2018年1月27日(土)
旅行代金:おひとり様 15,980円(昼食代、チケット代、バス代、体験料含む)
最少催行人数:27名
添乗員有

申込・問い合わせ:TEL0550-88-5771  FAX0550-88-5773
企画・主催:御殿場総合サービス株式会社 旅行事業部
http://fujisan-mikuriyanotabi.jp/

チラシはこちら
プレイガイド グランシップ窓口
グランシップチケットセンター TEL.054-289-9000
オンラインチケット販売
発売日 友の会先行販売:10/22(日)~28(土)
一般発売:10/29(日)
主催 公益財団法人静岡県文化財団、静岡県、静岡県能楽協会、静岡新聞社・静岡放送
後援 静岡県教育委員会
協力 株式会社紺文シルク、浮月楼

舞台美術・演出:辻雄貴
舞台美術特別協力:千住 博
舞台美術協力:軽井沢千住博美術館
お問い合せ グランシップチケットセンター TEL054-289-9000
車椅子をご利用の方へ 車椅子でご来場の方は、公演前日までにご連絡ください
託児サービスを
ご希望の方へ
ボランティアスタッフによる無料託児サービスをご希望の方は公演1週間前までにご連絡ください(TEL:054-203-5714)
2歳以上の未就学児に限ります。
半蔀(はしとみ)
閉会ボタン

京の都は初秋の北山紫野の雲林院辺りにて、一夏安居の修行にいそしむ僧侶があります。安居も終わりに近づいたので、草花を取り集め立花供養を行っていると、一人の女が現れ、一本の白い夕顔の花を立て供養に加えます。僧が名を問うと、今はこの世には無く、五条のあたりに住んだ夕顔であると言いのこし、立花の陰に隠れ消えます。
僧が女の言葉を頼りに五条のあたりへ来ると、夕顔の霊が草の半蔀を押し開け姿をあらわします。
夕顔の霊は、昔源氏の中将がここを訪れた際に、夕顔の花を差し上げたところ、源氏が一首の歌を詠じ、それが縁で契りを結んだことなどを語りながら、夜通し舞を舞っていますが、暁を告げる鶏の声や鐘の音が聞こえると、名残惜しげに半蔀の中に姿を消します。

鉄輪(かなわ)
閉会ボタン

貴船神社に仕える社人が、ある日夢に「都より丑の刻詣でをする女の願を叶える」とのお告げを受けます。社人は、そのお告げを知らせようと女を待っています。
そこに、笠を被った女が夫の不実を嘆きながら、丑の刻詣でにやってきます。社人は、鉄輪の三足に火を灯して頭に載せ、顔に丹を塗り、赤い衣を着れば、そのまま鬼女になり、願いが叶うと告げます。女は喜び、まず家へ帰ろうと早くも気色を変えつつも去って行きます。
さて、夫は続けて夢見が悪いので、安倍晴明のもとで占なってもらおうとやってきます。すると女の恨みで今夜にも命が危ないといわれます。夫は、じつは本妻を離別して新しい妻を貰ったが、さてはその事が禍となっているのではといい、晴明に祈祷を頼みます。晴明が祈っていると、風雨烈しく雷鳴とどろき果たして鬼女が現れ、枕辺により男の命をとって行こうとしますが、祈祷の法力にて三十番神に攻め立てられ、ついには神通力も弱まり、時節を待とうとの声だけ聞こえ姿は見えなくなって行きます。

ページの先頭へ